本文へ移動

公益財団法人日本適合性認定協会(JAB)試験所認定

公益財団法人日本適合性認定協会(JAB)試験所認定

JIS Q 17025(ISO/IEC17025)認定

試験所認定制度は、試験所が目的の試験に関して能力があるかどうか、公平・公正かどうかを国際的な基準で、その分野の一流の専門家が評価し、認定する制度です。
JIS Q 17025(ISO/IEC17025)は、中立で公正な試験結果を提供するために、試験所や校正機関が備えるべき事項が示された規格です。
これに基づく認定を受けた試験機関では、認定範囲内の試験報告書に認定機関のシンボルマークを記載することが許されます。
公益財団法人 日本適合性認定協会は外国との相互認証を行っておりますので、認定シンボルマークを付けた試験報告書は、外国でも通用することになります。
したがって、認定を取得した試験所は、世界から認知されたことになるのです。
宮城県生コンクリート中央技術センターは 平成14年12月26日付けで公益財団法人日本適合性認定協会(JAB)よりJIS  Q 17025の認定試験所として以下の項目について認定を受けております。

《認定範囲》

●JIS A 1106 コンクリートの曲げ強度試験( 附属書を除く)20kN≦試験荷重≦2000kN
●JIS A 1108 コンクリートの圧縮強度試験( 附属書を除く)20kN≦試験荷重≦2000kN
●JIS A 1102 骨材のふるい分け試験方法
●JIS A 1103 骨材の微粒分量試験方法
●JIS A 1104 骨材の単位容積質量及び実積率試験方法
●JIS A 1105 細骨材の有機不純物試験方法
●JIS A 1109 細骨材の密度及び吸水率試験方法
●JIS A 1110 粗骨材の密度及び吸水率試験方法
●JIS A 1121 ロサンゼルス試験機による粗骨材のすりへり試験方法
●JIS A 1122 硫酸ナトリウムによる骨材の安定性試験方法
●JIS A 1126 ひっかき硬さによる粗骨材中の軟石量試験方法
●JIS A 1137 骨材中に含まれる粘土塊量の試験方法
●JIS A 1141 骨材に含まれる密度1.95g/cm3の液体に浮く粒子の試験方法

JAB認定書(PDF)

JAB認定証

(2018-10-31 ・ 1088KB)

TOPへ戻る